ルネスタ(エスゾピクロン)の効果

ルネスタの効果

ルネスタは超短時間型の睡眠薬で、主成分はエスゾピクロンです。特徴として質の高い睡眠、非常に高い入眠作用があり、入眠障害や中途覚醒などといった睡眠障害がある方にはルネスタはかなり効果を示します。覚醒状態から眠りに入るまでの時間が特に短く、少しずつウトウトし始め、いつの間にか眠っていたという感覚が分かります。また抗不安、筋弛緩作用は比較的弱いのでデパスの副作用であったふらつき、なども出にくく年配の方でも安心して服用できます。特に寝つきが悪いという入眠障害の人にルネスタをお勧めします。

その他、ルネスタのような超短時間作用型の睡眠薬は有名な所でマイスリーやアモバン、ハルシオンがあります。アモバンと良く比較されますが、半減期から見てアモバンよりルネスタの方が効果が長く続きます。この辺は自分の睡眠のタイプを見て決めた方がいいでしょう。睡眠の質(深く眠れるかどうか)の観点から、ルネスタの方が上質な睡眠が取れるでしょう。

現在主流の睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬と非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の2つです。ルネスタは後者の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。両方共GABAの活動を強め、脳の活動を抑制する事で睡眠をもたらします。しかし、ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系は、GABAの働きを強くするのに欠かせないベンゾジアゼピン受容体への働きかけが異なります。まず、前者のベンゾジアゼピン系はGABA受容体のω1(催眠作用)とω2(抗不安作用と筋弛緩作用)の両方の受容体とくっつきます。非ベンゾジアゼピン系は、催眠作用に関与するω1受容体だけに作用するため、筋弛緩作用によるふらつきなどの副作用が少ないのです。
以上のことを踏まえ、ルネスタのメリットは次のとおりです。

メリット
即効性がある
寝つきが悪い人に有効的
依存性が少ない
苦味が抑えられている
ふらつき、翌日まで眠気が残るといった副作用の症状が少ない
睡眠の質が良くなる(深い睡眠がとれる)

苦味や副作用が抑えられたルネスタではありますが、ルネスタ・ジェネリックはさらに苦味が少ない事から人気があります。ルネスタは医療機関のみでの処方となりますが、ジェネリックは通販で購入する事ができます。

アモバンとの比較

ルネスタとアモバンはよく比較される睡眠薬です。理由は、ルネスタがアモバンの改良型だからです。大きく異なる部分は2つ、効果時間と薬の苦味です。先に発売されたアモバンは、とにかく苦味(味覚障害)の訴えが多いです。改善策としては、ルネスタへの変更をするのが一般的です。

アモバンの薬効成分ゾビクロンは、強い催眠作用を持っているのが特徴です。服用して数十分経過したあとから翌朝にかけて、苦さが口の中を占領します。薬は腸で吸収され、血液に溶け込み全身を循環中、唾液から少しずつ分泌します。薬は肝臓で代謝され、血液中には作られた代謝物が全身をめぐり、これもまた唾液から分泌されます。腸と肝臓でそれぞれ吸収された成分が、血液循環を通して唾液から分泌されたものと混ざり合う事で、強い苦味が発生すると考えられています。

それと比較し、ルネスタは苦味を抑えて改良されたエスゾビクロンを成分とするため、アモバンと違い苦味は少ないです。ただし、これはアモバンと比べての苦味の少なさのため、人によってはルネスタでも苦味を感じるかもしれませんが、飲みやすくなっている睡眠薬です。

もう1つは、効果時間です。アモバンは服用して10分~15分で効果が現れ、半減期は約3時間~約4時間です。ルネスタも服用後約10分~約15分で効果が発揮され、半減期は約5時間~約6時間です。超短時間型で効果が現れる時間も一緒ではありますが、ルネスタの方が効果持続時間が長いのが特徴ため、入眠障害だけではなく、途中で何度も目が覚める中途覚醒にも向いているといえます。

ルネスタの副作用

ルネスタの副作用

ルネスタのような非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系の昔の睡眠薬の副作用をより少なく改良されたものです。なので副作用は特に少なく極めて安全性の高い薬となっております。副作用の出る確率は7%と非常に低い数値となっています。また抗不安薬に多い依存性も軽減されています。なので初めての人でも安心して使用する事ができます。安全な薬ですが稀に以下の副作用は出る場合もあります。そしてアモバン特有の苦味はありますが、アモバンと比べて大分、軽減されています。そして稀に副作用として健忘があります。
・脱力感
・肝障害
・早朝覚醒
・苦味(味覚異常)
・健忘

アモバンより苦さは軽くいとは言え、やはり苦味に関する副作用の訴えが一番多いです。他にも浮動性めまいといい、体がふわふわする感覚を覚えるめまいなどが起きる場合があります。健忘に関しては、睡眠薬を服用してから物忘れが起きる「前向性健忘」があり、睡眠薬が中途半端な覚醒状態にしてしまい、記憶に関する海馬を中心とした機能が低下する事で発症してしまいます。この症状は、超短時間型に分類される睡眠薬に見られる傾向が強いため、注意が必要です。

そして、ルネスタの主成分エスゾピクロンやゾピクロンに対してアレルギー反応を示した方は、使用する事ができません。またお酒との併用は禁忌ではありませんが、基本的には避けるようにしましょう。アルコールの成分により強い副作用が出る場合があります。なるべくなら控えるようにしましょう。用法・用量を守っていれば重篤な副作用はありませんので安心して服用下さい。

ルネスタとアルコールの関係性

睡眠薬とアルコールは、相性が悪いです。薬の効果や副作用が強く出てしまう以外にも、どちらも依存性を形成しやすい特徴があるからです。一緒に飲んでしまうと依存性の発症の他にも、酩酊(めいてい)状態といって急性アルコール中毒などを誘発させるリスクがあります。そのため、ルネスタを飲み始める前にしていたお酒の飲み方は危険です。
しかし、飲酒には気をつけていても人間関係の付き合いの上で、お酒を断れないシーンが多々存在します。もし、飲酒後にルネスタを飲む際は約10時間以上空けます。ほとんどの場合、お酒を飲むのは夜が多いため、その日は飲むのを我慢する、もしくは服用量を減らすといった方法をとります。

ルネスタは太る?

正式な副作用としては認められてはいませんが時々「ルネスタを服用した事で太った」という声を聞きます。しかし、太る成分は一切ありません。恐らく太ったと感じた経緯は、薬効成分ではなく精神的な面が考えられます。
ストレスや悩みが引き金で、過食といったついつい食べすぎてしまう行動に走ったのが原因と考えられる場合があります。反対に、ルネスタを服用した事で睡眠不足やそれに伴う不安が解消され食欲が戻ってきたパターンが推測されます。
これは、きちんと薬の効果が現れている証拠です。そのため、気になる方は食欲をコントロールするなどして体重増加に気をつけるようにしましょう。

ルネスタの半減期

ルネスタの半減期

先程も少し触れましたが、ルネスタの半減期は約5時間~約6時間です。半減期が短い分、睡眠時に使用する場合は寝る直前の服用がいいでしょう。布団に入ってもすぐには寝付けないという人や、途中で目を覚ましてしまうという人にはとても効果的です。ですが、予定時刻よりも1時間以上早く目が覚める早朝覚醒タイプや、長くぐっすり眠りたいという人には不向きの睡眠薬です。

ルネスタの良いところは次の日まで薬の効果を持ち越さないところです。イメージ的にはすぐに効いて、起きるまでには効果がなくなっているといった感じです。海外旅行先で時差の解消、睡眠リズムの調整、軽い不眠に対し単発的に使用される事があります。

ただし、半減期は目安であり、薬の分解が強い人、弱い人など個人の体質によって差が生じるので注意が必要です。また、肝臓が悪い=薬の分解力が弱いとなるため、通常の半減期よりも体内に薬が留まる時間が長くなります。

ルネスタの薬価

以下を見てもらえば分かるようにルネスタは1mg、2mg、3mgと錠剤により金額の差が大きいです。
・ルネスタ錠 1mg 約 51円
・ルネスタ錠 2mg 約 80円
・ルネスタ錠 3mg 約 102円
※病院での処方となるのでこの値段に診察料が掛かります。

錠剤が大きいほど、調節しづらいというデメリットがあることから多くの病院では1mg、または2mgを処方される事が多いです。通常は2mgからスタート、高齢者は1mgからの使用が決められています。最大量は3mgまでです。
もし、ルネスタ1mgで効果がない場合は、1mgを2つ服用するよりは、2mgを1錠、服用した方が経済的となります。なので3mgをピルカッターなどで半分にする事でよりお得になります。しかし、薬代は節約できても保管が大変だったりするため、その辺は、医師と相談の上で様子を見て調整するようにしましょう。決して、自己判断で増量や減量をしてはいけません。薬の効きは体質によって変わったり、個人差があります。一度の服用で効き目がある、ないは判断はできません。1週間ぐらいを目安にするようにしましょう。

ルネスタを通販で購入

ルネスタを通販で購入

睡眠薬を購入するにあたって少しでも費用を抑えたい人は通販で購入した方がいいでしょう。まとめて購入する事で薬価もかなり抑える事ができます。病院で処方となると薬価の他に診察代も掛かります。そして通院する時間も掛かります。通販で購入する事でそういった手間を一掃してくれます。他にも国内では入手できないジェネリックなども購入する事ができます。そして24時間、いつでも購入できるので便利です。寝付けない辛さは実際に体験してみないとその辛さは分からないものです。通販を利用して良質な睡眠をして健康的な日々を送るようにしましょう。

睡眠の質はストレスの抵抗力をつけ、病気の予防もし、身体の成長、老化を防止する役割を担っています。健康を気遣うのでしたらまず良質な睡眠を取る事は何よりも大切な事です。ルネスタ、ルネスタ・ジェネリックで快眠生活を送りましょう。他にも睡眠の補助としソナタバスパージェネリックセディールバスピンなどを活用してみるのもいいでしょう。

ルネスタのジェネリック

ルネスタのジェネリック

ルネスタは個人輸入は禁止の薬です。ルネスタは向精神薬に指定されており、法律により厳しく規定されています。向精神薬は、脳に作用して精神に影響を与える薬の総称で、医師の処方せんが必須の薬です。依存性や乱用の危険性が高いことから、輸出・輸入などを厳しく取り締まれています。そのため、個人輸入を利用しての購入は違法となります。また、海外旅行の際の持ち込みも制限され手続きが必要です。

もし、通販で購入するとすれば、ルネスタと同等の効果を得られるルネスタのジェネリックでフルナイト、ルネスタ・ジェネリックがいいでしょう。特にルネスタ・ジェネリックは苦味も抑えられているので飲みやすいです。また薬価の方も先発薬のルネスタに比べて費用も抑える事ができます。成分量の多い薬を購入してピルカッターで半錠にして使用するとより、費用を抑える事ができるのでお勧めします。病院での処方となると診察料、その他にも通院まで掛かる交通費も掛かります。

ルネスタが効かない原因

はてなマーク

大変優れた睡眠薬であるルネスタは、不眠症で悩む多くの人を解決へと導いています。しかし、中には「ルネスタは全然効かない」と薬の効力を得られないケースがあります。効かないのには、以下のような原因が考えられます。

早朝覚醒タイプ

不眠症のタイプが、早朝覚醒の場合は効きません。
約10分~15分で効果が現れる、効果持続時間は約5時間~6時間です。寝つきが悪い、途中で目が覚める、眠りが浅く熟睡できない人には効果的です。しかし、起きる時間が予定よりも1時間以上も早く起床する場合だと、朝まで効力が続かないため全く薬の効き目を感じることができないのです。

不眠症の症状が重い

症状が重い場合は、ルネスタが上手く効かない場合があります。量を増やす、少し強い薬への変更する対策などが取られますが慎重に行いましょう。服用量が増えると、いくら軽減されているとはいえ、依存や耐性が作られやすくなります。
また、不安や悩みといった精神的な問題から発展して、不眠症を発症させてしまうパターンがあります。この場合は、睡眠薬よりもバスパーやセディールといった抗不安薬の服用が有効です。こちらを服用することで、不安が緩和され寝つきが良くなる事例もあります。ルネスタは比較的、症状が軽い方が効果的です。

カフェイン摂取

コーヒー、お茶、紅茶などにはご存じの通りカフェインが含まれています。もしルネスタを服用中、またはこれから服用を考えている方は、夕方以降には摂取しないことをおすすめします。カフェインには強い覚醒作用があるため、ルネスタの効力を打ち消す恐れがあるからです。
カフェインの覚醒効果は、体質によって異なりますが、約7時間~15時間続くと言います。もし午前0時に就寝する場合、そこから12時間遡ると午後12時です。朝から、午後12時までにコーヒーなど飲んでも大丈夫ですが、その時間以降はカフェインが含まれていない飲み物を飲むようにします。

タバコ

ルネスタを服用するならば、タバコはなるべく控えます。カフェイン同様、ニコチンにも覚醒作用があるため効果を弱めます。ですが、カフェインと比較して約1時間しか持続効果はありません。吸わないのを我慢できるならそうした方が良いですが、タバコはなかなか辞めるのが難しいです。寝る前の1時間だけタバコを吸わない時間を作ると、ルネスタの効き目をある程度は維持ができます。

長時間型の薬のほうが効き目が強い、と思われがちですが「長く効く=効果が強い」というわけではありません。半減期が長いと効き目のピークも遅いため、入眠障害タイプの人が服用すると余計に眠れなくなる可能性があります。朝になっても眠気が酷い、なかなか起きられないといった睡眠サイクルが乱れてしまい、不眠症を悪化させる引き金ともなります。自分にあったものを服用するようにしましょう。