バスピンについて

バスピンの効果

バスピンの効果

バスピンは非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬バスパーのジェネリック薬品です。有効成分はバスパーと同じく塩酸ブスピロンを配合しています。特定の理由に心当たりがなく、ただ断続的に漠然とした不安、多汗が起こるような動悸、緊張を伴う不安や心配などといった不安障害を改善する事ができます。日常生活に不安を感じてる人、人前で焦ったり不安が出る、またはストレスや緊張に対して弱い人が服用する事で気持ちを和らげ不快感をなくしてくれます。

主成分の塩酸ブスピロンは、脳内の神経伝達物質のセロトニンの濃度を高め活発化させ、ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の量を増やします。これらの働きが高まって安定する事で、興奮で高ぶった神経を落ち着かせ、不安や緊張、憂鬱な気持ちを抑制して緩和させていきます。また、脳内の興奮を抑えるために不安を和らげる作用もあるので、心身共にリラックス状態へと導きます。それにより、不安が押し寄せてきて、なかなか寝つけない不眠症などの睡眠障害の治療にも効果的です。

成分が直接、神経伝達物質に作用するため、従来の抗不安薬と比べ、副作用などは少なくなっています。
そして抗不安薬として代表的なデパスは、依存性が懸念材料となっていますが、バスピンは依存性も引き起こす心配がありませんので、安心して服用する事ができます。デパスの代わりに十分になりうるお薬です。
いつまでも不安な状態が続く、自分に起きている出来事に対し感情を上手くコントロールできない、といった人たちに適していいる薬です。強い抗うつ剤や抗不安薬に抵抗がある方や、初めてこのような薬を手にする方にも良いとされています。
海外ではデパスの個人輸入が禁止となってから、バスピンが主流となり、非常に高い人気を誇っています。
ただし、日本ではバスピンは未承認のため、病院では処方してもらうことはできません。入手するには通販を利用しましょう。

バスピンの通販はコチラ

*リンク先はバスパーのジェネリック医薬品です。

バスピンの副作用

バスピンの副作用

先程も説明したように、従来に比べ副作用や依存性も少なく安全性の高い薬です。しかし、薬の成分は個人の体質に合う、合わないが存在するため、個人差によっては発症する場合もあります。
報告されている副作用は以下になります。

・めまい
・強い眠気
・むかつき
・頭痛
・立ちくらみ
・眠気

上記の症状以外にも、ほんの少しの刺激でも敏感に反応を示し、不安定な状態をもたらす神経過敏を発症する可能性があります。他にも、心機能、胃腸、皮膚、呼吸器などの場所にも何らかの障害が現れる時があります。少しでも身体の異常を感じた際は、症状をメモにとって、医師または薬剤師に相談しましょう。

そして、めまいや強い眠気などの関係上、服用中は車の運転など危険を伴う作業、機械の操作などはしないようにして下さい。また過剰なアレルギー反応がある方は服用を控えるようにしましょう。心配な方は医師、薬剤師に相談の上、服用して下さい。
また他の抗不安薬抗うつ剤との併用はしないようにしましょう。薬の成分により効果が弱まったり、強くなったりする可能性があります。また副作用が強く出てしまったりするなどがありますので十分な注意が必要です。

副作用経由で一緒に覚えていて欲しいのが、薬の服用を急に中止した、もしくは減量した際に発症する確率が高い離脱症状です。不眠感、不安感、体の震えや筋肉痛、食欲不振などの症状が稀に出るので、しっかりと把握する事が大事です。

併用禁忌薬や注意点は、バスパーと同じです。モノアミン酸化酵素阻害薬と呼ばれ、鼻水、酔い止め薬、アレルギー症状薬に用いられる薬や、花粉症を抑制する抗ヒスタミン薬との併用は禁止です。また、他の抗不安薬や睡眠薬とは成分が異なるため、効果が弱まる、もしくは強く出過ぎる危険性が高いため、一緒に服用する事はできません。
アルコール、カフェイン、グレープフルーツ(ジュースを含む)などは、薬効成分の威力を弱める恐れがあるため、服用中はなるべく避けてください。安全上のため、妊娠中および授乳中の方、肝機能などに疾患等を抱えている方は私用禁止となっています。

バスピンの半減期と服用方法

説明する女性

半減期は約6時間で、服用量も1日15mg~30mgを1日2回~3回に分けて服用します。1日の最大量も60mgとバスパーと異なる点はございません。睡眠薬として利用する際は、就寝する30分前には服用します。薬の効果を効率よく発揮するためにも、必ず水、もしくはぬるま湯で飲むようにします。自己判断で、増量や減量を行ってはいけません。

しかし、半減期と効果持続時間は完全に一致するわけではありません。個人の体質によって、薬の分解が早い、遅いなどがあるため、半減期はあくまで目安の1つです。そのため、薬を選択する時は効き目の強さと、作用時間がポイントです。
不安の強弱は人によって様々のため、ご自身が抱える不安の強さを把握して選ぶのが理想的です。必要以上に効き目の強い薬は、副作用の発症率を高めるリスクに繋がります。
半減期が短いと1日に何度も服用する手間はかかりますが、薬の服用量の観点からは安全性に優れているといいます。しかし、短すぎると依存性や薬が体に慣れてしまう耐性が生じやすいため注意してください。

また睡眠薬は比較的、即効性に優れてはいますが、抗不安薬はバスピンも含め、効果が現れるまでは1週間~2週間程度かかる時があります。そのため、効果や副作用を確かめながら、自分に適した薬を選び服用するようにしましょう。

バスピンを通販で購入

バスピンの薬価

バスピンは5mgと10mgの2種類ありますが両方共、日本国内では認可を受けていないため、病院では処方してもらう事ができません。なので、入手するには通販を利用して購入しましょう。
薬価も1錠5mg辺り27円1錠10mg辺り49円とかなりお求め安い価格です。ジェネリック医薬品にあたるため、先発薬のバスパーが1錠5mg約50円と比べ、約2割~5割と低価格で購入ができます。長期服用を視野に入れたとしても、無理なく続けられる価格です。

もし仮に、バスピンが病院での取り扱いが可能となった場合、薬代の他にも診察料や薬の処方に必要な処方料などの料金が加算されます。それ以外にも、医師によっては処方量にもバラつきがあります。これを毎回、薬を貰うためだけに通っていると経済的な面だけではなく、身体的や精神的な面にも大きな負担を強いてしまいます。また、病院だと保険適用、保険適用外によっても薬価に差が出ますが、通販は基本大きな差がありません。ただし、通販といっても海外から直接薬を取り寄せる個人輸入代行サービスを利用するため、円高円安の影響で多少価格の変動が生じる場合があります。

抗うつ剤や抗不安薬は通販で購入した方が費用も抑えられ、手間も省いて購入する事ができます。イフェクサーセディールルネスタソナタも豊富に揃っています。梱包もプライバシー保護のため、商品名は無記入のため、周囲の人に知られる心配もありません。時間、ストレスを掛けないで治療しましょう。

バスピンの通販はコチラ

*リンク先はバスパーのジェネリック医薬品です。