バスパーとは

バスパーの効果

バスパーの効果

バスパーは塩酸ブスピロンを主成分とする、非ベンゾジアセピン系の抗不安薬です。脳内にある中枢神経のGABAに作用することで、神経の高ぶり、不安を抑えることができます。また脳内の神経伝達物質の放出にも作用し、不安障害、うつ病、不眠症なども改善することができる医薬品です。不安や緊張などが原因で寝付きが悪い人にもお勧めで、自然と入眠へ誘導し良質な睡眠を得られる効果があります。

うつ病や不眠症の治療を行う際、デパスやバスパー、バスパージェネリックといった抗不安剤は欠かせません。また抗うつ剤として最近ではイフェクサーは良く処方されるようです。抗不安剤はただ不安を取り除くだけではなく不眠症や睡眠障害にも効果を示してくれます。デパスの輸入が一切できなくなった今、バスパージェネリックをデパスの代わりに使用している人は多くいます。デパス同様に即効性があり、神経を落ち着かせ、不安を解消し気持ちを和らげてくれます。デパスも万能薬と知られていますが、唯一、依存性が高いというデメリットがありましたが、バスパーは依存性を引き起こしにくい薬なので安心して使用する事ができます。体への負担も少ないため、初めて抗不安薬等を利用する方でも使えるお勧めの薬です。

うつ病はほぼ、精神的な要因でおこります。そのほとんどは何らかのストレスがきっかけで起こると言われています。しかもうつの症状で一番多く見られる症状が、不眠症などといった睡眠障害が表れます。眠れなくなる事で余計にストレスが溜まり、身体にも負担が掛かり具合が悪くなるという悪循環に陥ってしまいます。

日本は先進国の中でうつ病大国と呼ばれ、約10%の人が不安障害、不眠症などど言ったうつに関する何らかの症状を感じた事があるというデータがあります。症状が悪化していく前に、病院での診察を受け薬を処方してもらう、初回処方以降は通販で薬を購入するなどして、軽度のうちから少しずつ不安や緊張を緩和させていきましょう。

バスパーの副作用

バスパーの副作用

報告されている副作用は以下になります。
・めまい
・強い眠気
・倦怠感
・頭痛
・立ちくらみ
・眠気
服用中は車の運転など危険を伴う作業、機械の操作などはしないようにして下さい。また過剰なアレルギー反応がある方は服用を控えるようにしましょう。薬の成分と、アルコール、グレープフルーツ(ジュースも含む)は相性が悪く、服用中に飲んだり食べたりすると薬の効果が弱まるため、こちらも注意するようにしましょう。

イフェクサーやセディールなどと同様に、離脱症状の発症率は極めて低く安全性の高い抗不安薬を誇っています。ですが、人によっては不眠、不安、筋肉の痛みや震え、頭痛、吐き気といった症状が副作用に伴う形で、病気の再発や悪化とは全く関係なしに離脱症状が現れる事があります。一番望ましいのは、副作用と離脱症状の違いを正しく理解して判断した上で対処してくのが良い形です。しかし、一般的には区別が難しいため心配な方は医師、薬剤師に相談の上で減量や服用中止といった適切な指示を仰ぎます。

バスパーの注意点

常に抗うつ剤や精神安定剤などを使用している方は、副作用が強く出る危険性が高いため併用できません。他にも体の動きに障害(動作が遅い、手足の震えなど)が現れるパーキンソン病の治療に用いられる、抗パーキンソン病薬(オーロリックス、マネリックス)や、鼻水、酔い止め、花粉症などのアレルギー症状に使用される抗ヒスタミン薬(アメリジン)も一緒に服用するのも禁止です。

また、安全性の確認がされていないことから、妊娠中や授乳中の方、肝臓や腎臓、てんかんなどの病気を発症している方も、残念ながら服用できません。現在、服用中の薬や他薬と併用を考えている際は必ず医師や薬剤師と相談してください。自己判断で勝手に服用量を増量、減量、回数を増やす、減らす行為は絶対にしないでください。

バスパーの半減期と服用方法

コップと薬

バスパーの半減期は約6時間~7時間で、効果が続く時間はおよそ12時間~24時間です。効果が現れるのに約1週間~2週間と、穏やかに効き始めるのが特徴です。そのため、不安障害やうつ病に悩まれる方は、早めに治療に取り組むのが大切です。睡眠薬として服用する際は、入眠障害に有効的であり、眠気やだるさが翌日に残る事なくスッキリとした目覚めが迎えられます。

バスパーの服用方法は、抗不安薬と睡眠薬でそれぞれ目的によって異なります。
まず、不安障害やうつ病の治療で抗不安薬として飲む際は、安定した効果が得られるまでは1日2回服用します。成人の場合、服用開始当初は10mg~15mgを2回~3回分けて飲み、効き目が出るまで2日~4日ごとに5mgずつ増やします。1日の最大量は60mgであり、飲み忘れたからと2回分の量を1度に飲んではいけません。効果が強く効きすぎる恐れがあるため、飲み忘れた分は飲まないでください。改善が見られないと感じる時は、朝と夜の2回に1錠ずつ増量します。
睡眠薬として活用の際は、副作用のめまい、立ちくらみ、ふらつきなどの危険性を回避するために、就寝する約30分前に1回につき1錠~3錠を服用します。

どちらも水かぬるま湯で服用します。副作用の項目でも触れたように、アルコール、ジュース、カフェイン等で飲むのは避けてください。また、初めての方や、高齢者の方は少量から始める事が推奨されています。
万が一、服用中に身体の異常が見られた際は、体質との相性がよくないと考えられるため服用を中止し、かかりつけの医師に相談してください。

バスパーを通販で購入

バスパーを通販で購入

バスパーは病院では処方してもらえない薬です。なぜなら、日本の厚生労働省からの認可が降りていないからです。なので入手するには、通販でバスパーのジェネリックを購入するしか方法がありません。
バスパージェネリックはアメリカのブリストル・マイヤーズ スクイブ社が開発した先発薬のバスパーと同じ主成分を塩酸ブスピロンの非ベンゾジアセピン系の抗不安薬です。
1錠(5mg)辺りの値段は50円程度で、とても求めやすい価格となっております。また、バスパーのジェネリックは他にも種類があります。バスピンもまたバスパージェネリックと同じ効果があります。不安障害、うつ、不眠にも効果があります。抗不安薬にしても色々と種類があります。

個人輸入を利用

通販といっても、Amazonや楽天といったところでは購入できません。個人輸入代行サイトのみで入手ができます。
個人輸入代行とは、注文した薬を自分の代わりに、直接海外医薬品メーカーとの取引や、税関等の手続きも全て行ってくれる業者です。そのため、日本国内にいながらでも海外の薬が手に入ります。サイトも日本語対応なので、ちょっとしたスキマ時間に、パソコンやスマートフォンを開いて購入手続きを行うだけなので、誰とも会うことはありません。
また、医師の処方せんは不要のため、診察料などは一切かからず、お支払は薬代のみです。

商品の支払いは、クレジット決済か銀行振込となっています。支払いの確認ができ次第、随時発送の手続きが行われます。サイトによっては、クレジット決済だとお買物ポイントがもらえ、次回からポイントを利用して割引のサービスがあったりなど、さらにお得に購入できる利点があります。
また、プライバシー保護のため商品名の記載はありません。通関に必要な記入事項と、宛先だけのシンプルな外装のため、本人以外の人が見ても中身は全く分からない状態です。自宅に届くのを見られたくない方は、郵便局留めもできますのでそちらを利用することをお勧めします。

利用上の注意点

ただし、個人輸入を利用するにあたり注意点があります。1つは、使用する本人以外に譲渡する行為は禁止です。法律で個人の使用に関しては認めているため、家族や友人のために購入する場合は、必ず使用者の名前と住所を記入してください。
また、サイトに電話番号やサイト責任者の名前がある、クレジット決済ができるか確認をします。中には偽物を売りつける悪質のサイトも混じっているため、メールアドレスのみ記載している、クレジット決済がない場合は危険です。他にも通販の口コミなどを参考にして、自分に適したお薬を見つけましょう。通販ならまとめて購入する事で薬価を抑える事ができるのでそういったサービスも大いに利用しましょう。