セディールの特徴

セディールは、アザピロン系抗不安薬と呼ばれ、日本では1997年に承認された比較的新しいタイプに位置します。精神的不安をもたらす部分に作用する事で、徐々に気持ちを落ち着かせる働きを持ちます。効果発現に関しては、約1週間~2週間と非常に穏やかなのが特徴です。少し効果は物足りなく感じますが、副作用の発症が少なく安全性が高いのが特徴で、医師から高評価を受けています。デパスの代わりになる薬として使用されます。時には睡眠薬としても利用が可能であり、高齢者にも処方しやすい薬です。

セディールの効果

セディールの効果

セディール(成分名:タンドスピロン)は、うつ病、不安障害、自律神経失調症、神経症などの治療に用いられる薬です。不安を軽減するのに関係しているセロトニンを狙い打つ事から別名「セロトニン部分作動薬」とも呼ばれています。

セロトニンには精神安定作用があります。不安障害の方はセロトニンが過剰放出され欠乏状態であることから、漠然とした大きな不安を引き起こします。反対に、うつ病の方はセロトニンが過剰に増えすぎることでバランス状態を保てなくなります。
セディールは脳内のセロトニン受容体に作用し、過剰放出を抑えたり、少なすぎるのを増やすなどしてバランスを整える事で、セロトニン神経系の興奮を沈め抗不安作用を発揮します。このような効果があるため、不安により不眠症を併発した場合は睡眠薬として活用できますが、個人差により睡眠作用が弱く感じる時があります。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬で見られる筋弛緩作用によって起きるふらつきや脱力感、睡眠作用の眠気といった副作用は発現し難くできています。また、依存性・耐性がありません。その分、高齢の人にも比較的に使用しやすいと非常に安全性に優れた薬となっています。

不安を取り除く以外にも、軽度ではありますが抗うつ作用があります。不安症状のみならず、うつを併発している方やうつに伴う不眠症の改善にも役立つとされています。しかし、あくまでセディールは抗不安薬です。抗うつ作用に関する即効性はなく、効果も弱いため、これ単体のみでは解消されません。抗うつ剤を併用する事で、双方の効果を高められると期待をもたれています。

セディールは、病院へ足を運び医師による処方が一般的です。しかし、通院するための時間を作るのは意外と難しかったりします。そんな方のためにお勧めなのが通販です。初回の場合は、効果や副作用服用方法の説明をしっかりと聞くためにも医師による処方が良いでしょう。服用して、効果や副作用の出具合を確認した後に通販で取り寄せる方もいらっしゃいます。

セディールとデパスの違い

抗不安薬といえば、デパスルネスタバスピンといったベンゾジアゼピン系が有名です。この種類は、興奮や過敏状態の神経を抑え込む事で、不安を和らげる抗不安薬です。それ以外にも睡眠作用を促す、筋弛緩作用、抗けいれん作用というのが特徴です。筋弛緩作用を利用して肩こりや頭痛の改善に利用される事もありますが、副作用の眠気やふらつきを招く要因でもあります。
ベンゾジアゼピン系は即効性に優れ、強い効力を持ちます。即効性が故に、飲めばすぐに治まると気づかない間に薬の量が増える依存性。突然の服用中止に苦しみイライラするといった離脱症状などを発症する危険性が高いです。または、飲み続けると体が薬に慣れ耐性がついてしまい効き目が薄まるといっ問題があります。
そして、ベンゾジアゼピン系は不安を抑える、睡眠を促す効果はありますが、うつに対する効力はありません。

それと比較してセディールは、ベンゾジアゼピン系とは作用機序が全く異なるため、依存性や離脱症状を引き起こす危険性は低いです。軽度ではあるが抗うつ効果も見込めるため、うつ病の改善にも期待できます。

その他にも、デパスは個人輸入が禁止となっていますが、セディールは通販での取り寄せができます。もし、代わりとなり通販で購入可能な薬を入手したいと思っている方にもお勧めです。

セディールの半減期と作用時間

セディールを通販で購入

セディールの半減期(血中濃度が半分になる時間)は1.2時間~1.4時間と、平均的に2時間程度と報告されています。一見、すぐに効き始めるように見えますが残念ながら即効性はありません。個人差はありますが効果を実感できるまで、およそ1週間~2週間、遅い人では4週間程度かかります。セディールは服用を続けセロトニンのバランスを少しずつ整えていく事で、効果が発揮されるように作られています。薬の作用時間も約4時間~6時間となっており、少しずつ効果を感じ始めるといった具合です。穏やかな効き目となることから、高齢の人にも処方がしやすい理由の1つです。

作用時間が非常に短いのが特徴です。効果を上手く発動させるためにも1日3回にわけて服用しなければなりません。最大量は1日60mgまでとなっており、1回10mg~20mgを目安量として3回に分けます。ただし、年齢や症状によって服用方法は異なるため、服用量は医師の指示に従います。

セディールの対象症状


・不安障害
・自律神経失調症
・神経症
・不眠症(睡眠障害)
・消化性潰瘍
・本能性高血圧症

冒頭でもお伝えした通りセディールは自律神経失調症、不安障害などの治療に用いられます。また、うつ病の重症度が軽症と判断された場合も適用されます。 睡眠障害、消化性潰瘍、本能性高血圧症とありますが、これらは心身症(こころの病気)が原因だった場合のみです。 分かりやすく例えると、食生活が原因で胃潰瘍、タバコが原因で高血圧になった場合は心身症ではありません。しかし、ストレスで胃に穴が空いたり、血圧上昇してしまった場合は心身症と診断されます。また、ストレスや不安が通常よりも強い、気分の浮き沈みが激しく緊張がほぐれない時もセディールの対象症状です。

ですが、ストレスや不安の強さや大きさは人それぞれです。そのため、薬による治療が必要なレベルである、と医師に判断された場合のみ適応されます。薬が不要な範囲で使用すると、副作用が強く出るデメリットが大きいです。

セディールのメリット・デメリット

メリット・デメリット

ここまで説明してきたことを踏まえ、セディールのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット


・安全性が高い
・副作用が少なく、依存性がない
・抗うつ効果がある(軽症うつ病の治療など)

最大のメリットは、やはり非常に安全性が高い点です。ベンゾジアゼピン系抗不安薬で懸念される眠気、ふらつき、めまいといった副作用や、依存性がセディールにはありません。働きかける部分が根本的に異なるからです。また、セロトニンに作用する点から軽度の抗うつ効果があるのもメリットの1つです。

デメリット


・即効性ではない
・効果が弱い(物足りなさを感じる)
・薬価が高い

とても穏やかに効き目を得られるため中には「全く効かない」と、物足りなさを感じる方も多いです。また、新しく発売されたばかりという事もあり薬価が高いのが特徴です。病院処方だと、1錠(10mg)でおよそ154円です。1箱42錠入りで、約6500円します。薬価改定で安価になったとはいえ、それでもまだ他の抗不安薬の価格と比較すると、高額な部類に入ります。

●薬価改定とは

薬価改定は2年に1度の間隔で、政府によって行われます。医薬品の価格が適正な値段になるように行う、価格調整のことです。一般的に発売直後の薬価は、類似薬がないことから高めに設定されます。その後、月日が流れていくと、同じような効果を持つ類似薬が登場してくると希少性が薄まります。
そのため、適正な価格に応じて徐々に下がっていく傾向はありますが、種類によってはなかなか値段が下がらない薬も存在します。抗うつ剤との併用が有効的ではありますが、薬価が高額のため、なかなか実行に移せない現状もあります。

セディールが向いてる人

穏やかな効き目となることから、高齢の人にも処方がしやすい理由の1つです。セディールが向いている人、向いていない人は、以下の通りです。

●向いてる人
・症状が軽い方
・副作用や依存性が心配な方
・安全性を重視してゆっくり治したい方
・初めて薬を使用する方
・抗不安薬や睡眠薬が辞められない方
●向いていない人
・症状が重い方
・1日最大量60mg飲んでも効果が得られなかった方
・即効性を求める方
・薬を飲み忘れる方
・うつ病等を患って3年以上経過する人
・ベンゾジアゼピン系の薬であまり効果が得られなかった方

セディールは穏やかな効き目が特徴で、人によっては効果が物足りなく感じます。ですが、副作用が少ないため、前述したように依存性や副作用を心配されている方などにお勧めの抗不安薬だといえるでしょう。 しかし、他の薬での治療が不十分だった方に対しては、効果が現れにくい場合があります。 薬を飲み忘れる人に向かない理由は、服用回数と関係しています。1日3回に分けて服用する必要があるため、きっちりと1日3回飲み忘れる事なく服用できる方が向いています。

セディールを通販で購入

セディールを通販で購入

病院での処方と通販で購入する方法とがあります。病院での処方となると通院の手間も掛かり、そして通院にかかる交通費、更に診察料もかかります。費用はかなり掛かってしまいます。しかし通販で購入となるとそういった事は一切、心配をしなくても大丈夫です。しかも24時間いつでも注文することもできます。通院にかかる手間もなくなります。通販を利用する事で費用もかなり浮かせることができます。

通販に切り替えると、同じ1錠(10mg)で140円前後と低価格で購入ができます。1箱(42錠)で、約5850円と病院よりも安く手に入れられます。通販サイトによって、購入ごとにお買い物ポイントが加算され、次回購入時には割引になるサービスがあり、さらに1錠の薬価が安くなるといった場合もあります。

通院となると費用以外にも気になる点があります。もし通院している所を知り合い、または友人などに見られたりしないか?また病院内での鉢合わせする事だってあるかも知れません。そういう心配を抱えながら、通院となると余計なストレスを抱えてしまう事になります。しかし通販だとその問題も解消されます。誰にも知られずにお薬を購入する事ができます。

そして、病院やクリニックによりますが処方してもらえない薬があります。どんなに自分の希望の薬を求めても病院の方針などにより処方してくれない場合があります。通販ではそういった心配もありません。国内では認可されていないお薬も購入する事ができます。ジェネリックも豊富にありますので、費用も抑える事ができますし、まとめて購入する事もできるので通院にかかる手間も更に一気に解消する事ができます。仕事をしている人にとっては通院となると時間を工面する事が大変です。何よりストレスが掛かります。ストレスがより不安を生み出すのは事実です。

通販で購入する事でストレスを掛けずに購入する方がいいでしょう。抗不安薬以外にも抗うつ剤のイフェクサーなど数多くあります。便利なものはどんどん利用するようにしましょう。

セディールのまとめ

最大の特徴は「効果は物足りないけど、抗うつ効果を持ち合わせ、安全性も非常に高い抗不安薬」です。効果が弱いなら服用しても意味がない、と思うかもしれません。しかしながら、初めて抗不安薬を服用する方や、副作用や依存性に不安を覚えている方には適切な薬です。何もしないで症状が悪化していく日々を過ごすよりも、薬を使用して早めに治療に取り組むと、辛い状況から脱出できます。
最初は薬の詳細や、実際に服用してみてからの効果や副作用の出方を把握するためにも病院での処方が適切です。しかし、何度も通院するのは経済的に負担がかかる上に、場合によっては病院に行くのでさえ辛くなる時もあります。後に購入元を通販に切り替える事で、そのような負担を最小限に抑えられます。