イフェクサーの効果による期待

階段を登る男性

イフェクサーの効果による期待は様々です。うつ病の症状を緩和させるという薬の働きはもちろんの事ですが、それだけではありません。うつ病に限らず病気の治療という言葉を聞くと、毎回通院しなければならい、薬代が高いといったイメージがつきものです。時間や経済面で余裕がある場合は、直接病院へ足を運び治療を受けるでしょう。しかし、現実はそう上手くはいきません。仕事や家事・育児に追われる、自分の予想を遥かに超える通院代や治療代、また行きたくても専門医療機関までの距離が遠いなどの様々で理由で治療から遠ざかり、症状を悪化させてしまう話も少なくありません。

現代は病院で処方される薬と同じ、または同等の効果が得られる薬を通販で取り寄せ治療ができる時代です。自宅でゆっくり治したい、仕事などで多忙な日々を送りながらも治療をしたいという方でも、イフェクサーの効果でうつ病の治療や完治を目指せます。それだけではなく病院へ行く手間を省けるため通院代がかからないといった経済的負担を減らす事ができるといった期待につなげる事ができます。

イフェクサーの効果発現

イフェクサーの効果

イフェクサーの効果発現は、服用後約40分~60分です。最高血中濃度到達時間が6時間、半減期が9時間の薬です。特徴として効果の持続時間が長いという所が人気の秘密です。そのような点で、仕事で多忙な方の治療に最適なのです。一般的に抗うつ薬は、きちんと効果が現れるまで2週間かかります。安定した効力を発揮させるためには、体の中に薬がある状態にする必要があります。イフェクサーはカプセルタイプとなっており、腸の中でゆっくりと溶け出し少しずつ成分を吸収していき、服用開始から約4日~5日前後から血中濃度が安定していく仕組みです。血中に取り込まれたイフェクサーは、肝臓で代謝されると効果発現の中心となるデスベンラファキシンに姿を変えます。こちらは、最高血中濃度が約8時間~10時間、半減期が11時間~12時間と丸1日経過しても成分が体の中に残ります。1日2回に分けて服用すると、より薬の効力が安定し副作用の発症を抑える事ができます。

イフェクサーは、やる気や意欲に関わるノルアドレナリンと量が増える事により不安や気分の落ち込みを和らげるセロトニンに働きかけ伝達量を増加させます。それにより、消失した意欲や気力を高めてくれるのです。

また、うつ病は頭痛や腰や肩の痛みを伴う事例が多いです。うつ病患者の60%前後が何からの体の痛みを訴えます。イフェクサーには、うつ病から併発したそれらの痛みを解消する働きもあります。

イフェクサーのご購入はこちら
※リンク先はイフェクサー・ジェネリックです

イフェクサーの効果による睡眠作用

あくびをする男性

イフェクサーには睡眠作用「眠気」は少なく、比較的に薬の成分などが関係して脳が覚醒してしまうため「不眠」に繋がる事例が多いといわれています。ではなぜイフェクサーには眠気が見られ、または不眠の症状が現れる理由についていくつかあります。

イフェクサーの臨床試験における段階で、26.9%の方が服用後に眠気を誘発した結果が報告されています。しかし、一般的に100人がイフェクサーを飲んだからと必ずしも皆が皆、眠気を感じるかと問われるとそうではありません。26.9%は臨床試験での医学的数字ではありますが、薬の服用後の変化には個人差があるという1つの考え方が、イフェクサーだけはなく他の薬でもあります。それでは、服用後になぜ眠気が起きる、覚醒によって不眠になる理由をご説明していきます。

眠気
生活のメリハリを失い、普段の生活の中に支障を来す可能性のある強い眠気に繋がるケースもあります。ヒスタミン、アドレナリンは覚醒させる物質ですが、これらが強いブロックを受けると眠気を生じさせます。ところが、イフェクサーは抗ヒスタミン作用に働く力がとても弱いため、そこまで強い眠気が出るというわけではありません。しかしながら、先ほども少し触れたように個人差があります。薬の服用時の体調の良し悪しによって強い眠気を誘発させる時もあります。また、セロトニン受容体が刺激され睡眠が浅くなると同時に睡眠の質が下がる影響も考えられます。

不眠
イフェクサーの効果以外の原因として挙げられるのが、精神症状、睡眠不足及び生活リズムの乱れ、女性ホルモンの乱れです。精神状態が不安定だと、眠気や体のだるさに襲われその症状が強くなる場合は、何らかのきっかけで発症している恐れがあります。また、睡眠時間は十分ではない、もしくは体内時計のリズムに狂いが生じるとたとえ十分な睡眠時間を確保したとしても睡眠の質は下がってしまうため、結果的に眠気が来てしまうのです。そして、女性だと女性ホルモンが自律神経や生理周期に影響してくるためホルモン減少等で眠気が関わってくるのです。

覚醒
イフェクサーは、不安定な気持ちを緩和させ、意欲や気力を高めるためにはセロトニンとノルアドレナリンの働きがとても重要です。こられの量が増える事で力が発揮されるため、脳は自然と覚醒方向へと進みます。多少の抗ヒスタミン作用があるとはいえ、この力はとても弱いです。ですから、総合的な観点から述べると主に覚醒が強く働くため、不眠の症状に繋がってしまうのです。


以上3つの理由を説明してきましたが、このような理屈では考えられない眠気も存在します。イフェクサーを飲み始めた時期は、まだ体が薬の成分に馴染んでいないのがほとんどです。初めて服用した方の経過は、医師でも予想ができない部分もあります。成分が体になれるまでの間は、たとえ理論上は副作用が少ないと言われていても睡眠作用が見られます。

もし我慢できないほど眠気の症状がひどい場合は、薬の量を分割して服用回数を増やす、服用タイミングを見直す等の対処法があります。それでも解消されない場合は、医師への相談、指示の下で薬を変更するといった方法もございます。

イフェクサーの効果で痩せるの!?太るの!?

体重計にのる足元

イフェクサーは痩せる薬という表現ではなく、正しくは太りにくい薬です。後に詳細を述べますが副作用の1つに食欲減退が存在してます。「だったら、その副作用で痩せるんじゃないの?」と思うかもしれません。しかし、イフェクサーの効果によって痩せる、太るといった体重の影響は服用した方の体質によって異なります。

セロトニンにはリラックスへと導く同時に、代謝を抑制する働きを持ち合わせており太りやすいです。一方で、意欲を高めるために活動的に働くノルアドレナリンは、代謝を促進するため太りにくいです。
つまり、これら2つがバランスよく作用しているかどうかで、体重が減少する、または増加するが決まってきます。実際に服用している方を医師側から見て、世間一般のイメージ通り食欲がなくて体重が体重が落ちている事が多いとのことで、太りにくいという結論で考えられています。また、過食気味が抑えられたという結果も生み出す場合もあります。

ところが中には、正反対の症状として食欲を無くすどころか、過剰に食べ物を摂取する行動に(過食)に走ってしまうケースも少なくありません。これは体が栄養を摂取できるほど食欲が戻り、久々に食事をして美味しい、楽しいと感じた嬉しい出来事の1つです。イフェクサーの効果がきちんと現れている証拠でもあります。だからといって、暴飲暴食、炭水化物、油っこいものばかり食べる、噛む回数が少ない柔らかい物ばかりだと食生活が乱れ体重増加に繋がるので注意が必要です。

薬の効力だけでは一概に「痩せた」「太った」と決めつけるのは厳しいです。太った事により、自己判断で服用を中止する行為は大変危険です。しっかりと他に原因はないかと探して考える必要がありますが、それでも疑問に思う節があるならかかりつけの主治医に相談しましょう。薬が原因と考えられた際は、服用量を減らすといった対策ができます。

イフェクサーはSNRIという種類の抗うつ薬です。SNRIとは!?

腕を組み考える人

イフェクサーは2015年の12月から発売されSNRIとして許可された抗うつ剤です。国内では新型のうつ病の薬として発売されましたが、海外では1993年スイスでの発売開始を皮切りに、現在90ヶ国以上で使用され既に20年以上の長い歴史を持つ薬です。ちなみに、スイスでの発売された当時は、エフェクサーという名称でしたが、日本で発売されるとなった際にイフェクサーへと名称が変更されました。

今までの抗うつ剤の主流としてSSRIの薬が主流でした。代表的な薬にパキシルやルボックスがあります。それぞれうつ病に対しても効果的でした。うつ病患者の7割程度はSSRIの薬は効果があったといわれていましたが、残りの3割の人はSSRIの薬を服用しても改善には至りませんでした。それはSSRI全般がセロトニンだけにしか作用しないという所にあると同時に、セロトニン系の副作用が発症しやすい点がありました。具体的には、眠気、吐き気、嘔吐をもたらす消化器系、性欲低下(性機能系)などの症状です。

そこでSNRIの薬が再評価される事となりこのイフェクサーが誕生したという事です。今後はSNRIの薬が抗うつ剤では主流になると言われています。

SNRIは「Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitors」の略称で、日本語訳で「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」です。再取り込みとは「吸収されて効果がなくなってしまう」という考え方です。SNRIはセロトニンとノルアドレナリンが吸収されて効果が消えるのを阻止するため、脳内のセロトニン、ノルアドレナリンに働きかけ伝達量を増量する作用があります。すると、薬の成分が長く体の中に残るので、次の神経へと正しい情報を伝えやすくします。

セロトニンが増える事で不安をなくし、ノルアドレナリンを増やす事でやる気や意欲を出させる効果があります。それだけに限らず、うつ病が引き金で起きる頭痛、腰痛、肩の痛みの緩和に優れています。しかし、ノルアドレナリンの物質量を増やすため、特別命に関わるような重篤な症状というわけではありませんが、稀に心拍数が上がった事で動悸が激しい、脳の血管や血管を収縮する影響で頭痛や血圧上昇といった副作用が発症する可能性があります。これらの症状で悩む方もいらっしゃいますが、反対にノルアドレナリンが増える事で太りにくくなる特徴もあります。

海外では古くから治療のために使用されている医薬品ですが、日本では発売されてあまり時間が経っていないため少々薬価が高いのがデメリットとされています。そのため、安く手に入るコツとしてイフェクサーのジェネリックを通販で取り寄せている方が多いようです。

イフェクサーの効果はうつ病以外にもあるの?

日本と海外では、イフェクサーの効果の適応疾患に違いがあります。日本では「うつ病」「うつ状態」が確認されたのみ処方されます。反対に海外ではうつ病以外でも次のような症状が確認された際も処方されます。

パニック障害…めまいや動悸などを引き起こす
全般性不安障害…日常生活で起こる出来事に不安を抱く
社会不安障害…社会全体に不安を抱く

海外は上記のような不安障害にも適応され幅広く使用されています。その他にも強迫性障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの症状にも有効的であるという報告がされています。
日本でのイフェクサーの研究は海外と比較すると進んではいませんが、今後さらに研究を重ねていくと適応疾患の幅が広くなると推測されています。日本人と海外の人では体格の差、人種的なもので薬の効き目が関係してきます。そのため「薬の効き目が悪いから日本では適応外」というわけではありません。イフェクサーは日本でも海外と同じ用量まで増量できる薬でもあります。

飲み忘れによるイフェクサー効果はどうなる?

薬と時計

イフェクサーは1日1回37.5mgから服用を開始し、ここから75mgずつ増量後、2週間ごとに効果が現れてる、現れていないと判断していくのが一般的です。効果発現が緩やかのため、ゆっくりと経過を見ながら使用します。最大量は海外と同じ255mgではありますが、日本人の体格及び個人差によっては副作用の吐き気が起きやすいこともあり、最小限に抑えるために少量からスタートさせます。

イフェクサーのような抗うつ剤の効力ををきちんと発揮させるためには、毎日飲み続けるのが大事です。効果的な飲み方としては1日の量を150mg設定し、朝食後75mg、夕食後に75mgという服用の形です。もし、飲み忘れに気づいた時はその場で飲みます。朝、急いで家を出る準備をしたから飲んでいないことを午後に思い出した時にすぐ服用する形です。ただし、前の日に飲むのを忘れたというケースは、いつも薬を服用する時間に1回分の量を飲みます。ここで気をつけてほしいのが、飲み忘れたからといってその分の量をプラスして服用してはいけません。

もし飲み忘れたからと放置してしまった場合、イフェクサーの効果は段々と落ちていき、良い経過に進んでいたのに症状を悪化させる危険性があります。そうなってしまうと、うつ病が治るまで時間がかかる恐れがあります。仮に丸一日飲み忘れた際、血中濃度は急にガクッと低下し翌日から服用再開したとしても安定するまでに時間を要します。急に体の中から常にあったはずの薬の成分が消えてしまうと、体がビックリしてしまい不調が生じる事もあります。

飲み忘れを防ぐために、毎日決まった時間に目覚まし時計や携帯アラームを設定するようにしましょう。また、飲み忘れてしまった際は、今後の治療にも関わってくるので、どんな経緯で服用を忘れたのかきちんと主治医に話しましょう。

イフェクサーとアルコールの飲み合わせ

お酒

イフェクサーとアルコールの飲み合わせは、原則的にNGです。なぜなら、薬とアルコールは肝臓で分解され成分が体から抜けていきます。一緒に飲んでしまうと、処理するために肝臓が一生懸命両方を分解しようと頑張ります。しかし、肝臓ができる仕事は限られている上に頑張りすぎた影響で疲れ果ててしまい機能が低下していきます。例えるなら、私たち人間が疲れているのにも関わらず無理して働きすぎた影響で倒れてしまうといった感じでしょうか。肝機能が低下すると、薬とアルコールが分解できず体に残りやすくなります。イフェクサーのような抗うつ剤が残りやすくなると血中濃度は上がるが効果にはさほど大きな違いはありません。一方で、アルコールが残ったままだといつも以上に酔いやすくなる傾向が強くなります。また、薬との併用が原因で死亡例も確認されています。

そして、慢性的にお酒を飲む習慣があると、やはり少しずつ肝機能にダメージが蓄積され続け薬の分解に遅れが生じます。そうなると、血中濃度が不安定な状態になってしまい、離脱症状が発症しやすくなり危険な状態を招いてしまいます。もし、イフェクサーなどを服用する事を考えている、または飲む事になった場合は必ず普段自分がどれだけお酒を嗜むのかあらかじめ医師に伝えておきます。状況によっては、対策方法として嘘も方便という言葉があるように、嘘をついてお酒を飲むのを辞めるといった対策方法もあります。

ただし、多少お酒を飲んだ場合でも服用します。先ほども説明したように1回飲み忘れただけで血中濃度は急激に低下し、安定するまでに時間がかかります。少し服用時間がずれても飲んだほうが良いです。

イフェクサーの副作用

イフェクサーの副作用

イフェクサーの副作用の発症率は全体的に低いのが特徴です。報告されている副作用は、他の薬でも生じる症状とある程度共通しています。症状の重さはどれも軽度のものであり、約1週間~2週間で治まる傾向にあります。

不眠
頭痛
口の渇き
便秘
吐き気
ふらつき
めまい
性機能障害

ノルアドレナリン濃度を上げる効果に伴い、不眠や頭痛、ふらつきなどの症状が発現します。吐き気に関しては特に服用開始直後、または服用量を増量した際に見られますが、数日も経てば自然と治まります。もし吐き気が我慢できない時は、一時的に胃薬と併用して様子を見る対策が取られます。また、性機能障害を含めた性欲低下なども見られますが、主な原因は分かっていません。考えられるのは、セロトニン2受容体を刺激するからではないかといわれています。

その他にも服用量が多いと、尿が出にくくなる、強い動悸がする、血圧上昇などの症状が発症します。このような時は自己判断で服用を中止するのではなく、直ちに医師の診察を受けてください。

イフェクサーの副作用による離脱症状

イフェクサーの副作用に限らず、どの薬に対しても離脱症状には注意しなければなりません。簡単に説明すると、今まで常に体の中にあった薬が急になくなった事で起きます。何らかの症状が現れた時に飲む薬と違い、抗うつ剤は毎日継続して体内に薬の成分がとどまっているのが当たり前の環境となっています。いきなりそこから姿が消えた事で調子が狂い、その反動で身体に不快な症状をもたらします。
めまい、頭痛、だるさ、吐き気・耳鳴りなどの症状が服用期間が1ヶ月以上で、経過を見て薬の減量を開始、もしくは服用中止した約1日~3日後から現れます。約2週間でこれらの症状は落ち着きますが、酷い状態だと2ヶ月~3ヶ月続きます。症状が続く対応策として、離脱症状が起きにくい薬に変更するのが一般的です。副作用と混同しがちですが全くもって別物であり、もし気になる症状が続く場合は迷わず医師や薬剤師に相談しましょう。

イフェクサーの副作用による食欲不振

イフェクサーの効果で痩せる、太るの項目で少し触れた副作用の食欲不振についての詳細を説明します。イフェクサーに限らず抗うつ剤は、胃に不快な症状を与える事があり、吐き気や胃のムカムカを引き起こします。その反動で空腹感はあっても「何かを食べたい」といった欲が生まれずどんどん食欲が減少していくのと平行していくかのように、体重もみるみると落ちていきます。
一見、食欲不振になっていることに自分自身で気づきそうなのですが、意外にもほとんどの方が自覚症状がないそうです。自分が気づかない間に悪化していくと栄養失調になりかねません。
薬の減量、中止を検討すると治まる可能性はありますが、このような決定を下す時は必ず医師と相談の上で行います。

イフェクサーの効果はジェネリック医薬品も同じ!

イフェクサージェネリックは、先発薬(新薬)のイフェクサーとほぼ同等の効果を得る事ができます。成分量も75mgと150mgの2種類で、同じようにうつ病、うつ状態の症状を緩和させる働きを持ちます。長く効く特徴も同じのため、とても人気の高い薬となっています。
製造元はインドの有名製薬会社シプラ社です。ジェネリック医薬品は、先発薬と比較して薬価も安いです。

ジェネリックは先発薬の特許が切れると、他の製薬会社でも同じ有効成分を持った薬を作る事ができます。全く1から研究して開発する作業が省かれるため、ジェネリックの開発は新薬と比較するととても短い期間です。製造コストの負担が少ない分、ジェネリック医薬品は同じ効果を持ちながらも低価格での購入が可能なのです。ジェネリックはさらに副作用の少ない薬ですが、離脱症状も起こりうる事があるので正しい用法・用量を守り服用するようにしましょう。

イフェクサージェネリックの購入は通販がお得!

イフェクサーのジェネリック

イフェクサーを入手するには病院で処方してもらうか、通販を利用して購入するかの2種類しか方法がありません。通院となると仕事をしている人にとっては時間を工面する事が大変に困難かと思われます。そういう人は通販を利用した方がいいでしょう。通販なのでいつでもどこでも購入できて、家でお薬を受け取れ、そのまま治療ができます。

そのことからイフェクサージェネリックの購入を検討の際は、ぜひ通販をご利用ください。薬価もお薬なびという通販を参考に、1錠(75mg)辺り約27円、1錠(150mg)約45円と大変、お求め安くなっています。

もし仮にイフェクサーを病院で処方となると診察代も含め、約8000円の費用がかかります。1錠(37.5mg)で160円、75mgで270円です。こうしてみると、通販でイフェクサージェネリックを購入するのがお得とわかります。通販は診察代も必要ないのでかなり費用を抑える事ができます。

うつ病の治療について少しでも費用を抑えたいという人はジェネリックを使用する事をお勧めします。うつ病などの精神疾患などはストレスが大いに関係があります。なるべくストレスによる負担を避けるようにしましょう。

イフェクサーの通販方法

イフェクサーを通販で購入

通販といっても、よく耳にするAmazonや楽天市場では購入できません。自分の代わりに海外から直接イフェクサージェネリックを購入してくれる、個人輸入代行サイトを利用する事で取り寄せが可能です。先ほど通販の薬価を参考にしたお薬なびというサイトがその1つです。税関に必要な手続きなども全て代行業者が行ってくれる他、自分自身が支払うのは薬代のみです。そして申請に必要な物以外は、郵便物に薬の名前等が書かれることはありません。家族や知人に自分が薬を取り寄せているのを知られる事がありません。

一見メリットだらけですが、注意しなければならい点もございます。まず海外から直接発送のため、お手元に届くのに約7日間~14日間を要します。イフェクサーの効果は毎日服用する事で得られる仕組みです。注文したけど届くのが遅く、その間に薬が切れたらどうしようと不安にかられる人もいるかと思います。そのような事態を避けるために、普段から薬の数と飲んでいる服用量を把握しておくと、ある程度このあたりで注文したほうがいいといった目安がつきます。それなりに余裕を持って通販で必要な数を注文しましょう。

うつ病などはメンタル面が大きく関わる病ですのでどうしてもプロとしての意見が欲しいという人は通院をした方がいいと思いますが、カウンセリングなどは保険が適用されない場合もありますので通院する前にそういった事を事前にお伝えしておいた方がいいでしょう。通販では他にもデパスの代わりとなるルネスタソナタバスパー等があります。睡眠導入剤としても利用できます。その他、ジェネリックも豊富に揃っています。

イフェクサージェネリックのご購入はこちら

イフェクサーの購入者口コミ

吹き出し

●40代男性
うつの症状に悩まされてから約半年間病院に通い続けていました。病院の予約が決まった曜日に取れなかったので、平日仕事を休み、休んだ分は休日出勤で補うなどしてきました。自宅から専門医療機関まで電車やバスを乗り継いで毎回行ってました。当然、交通費も馬鹿にならない上に再診料も高ければ、薬代も高く……もう経済的にいっぱいいっぱいでした。娘が「ネットで父さんが飲んでる薬と同じ物で安く買える通販見つけた」と見せてきて、私が病院で貰ってる薬よりも安い事に衝撃を受けました。同じ系統なら安いほうが良いと思い通販に切り替えてからは、交通費と診察料削減、そして何よりも通院する苦痛から開放されたのが何よりも嬉しくてたまりませんでした。

●20代女性
社会人なりたてで給料が安定しない中で、病院にかかる費用を抑えつつ、薬を飲んで治療をしたいと思いネットで色々と探しました。そしたら、通販でイフェクサージェネリックを見つけました。安い上にデパスよりも副作用が少ないということで、先生の指導のもとで切り替えました。薬がなくなるのを見計らって、自分の好きなタイミングで家にいながらでも買えるシステムは本当に便利です。

イフェクサーの効果が良かった口コミ

50代女性
私の中でやはり一番のメリットは、仕事に追われる毎日でもきちんと治療ができる事です。私の職場は私を含め女性が多いので、女性の独特の人間関係のせいで色々と悩んだ結果、うつ病と診断されました。けれど、仕事を休むわけにもいかなかったので効果が長く得られるイフェクサーを選択しました。仕事が忙しい中でも、穏やかに効いてくるのが自分でも分かるので、忙しい日々を送る方に最適な薬だと思ってます。

●40代女性
もう1年近く安定した状態といって大丈夫なぐらい楽になっています。デパス→パキシル→イフェクサー(ジェネリック)という順ですが、一番最初に飲んだデパスと比較して依存性の副作用が少ないのが嬉しいです。恐らくイフェクサー自体が効果持続時間が長いこともあり、以前と比べて依存性がないのかなって私的には思っています。

●30代男性
イフェクサーの効果のおかげで、僕の生活が救われました。何もやる気が起きない、頭や腰が痛いなどの症状に悩まされていましたが、1日75mgを飲み続けたら、不安も痛みもだいぶ良くなりました。僕はこのような薬を飲んだのがイフェクサーが初めてだったのですが、特に心配するような副作用はありませんでした。

イフェクサーの効果が合わなかった口コミ

●20代女性
2週間で治まると言われたけど、約1ヶ月半以上も吐き気に襲われて辛かったです。そのせいで、余計にうつ病の症状が悪化したので別の薬に切り替えました。やはり、自分の体質に合う、合わないは本当に大事だと思います。イフェクサーの効果は私には副作用が強く感じて合わなかったけど、それはそれで貴重な経験ができました。

●20代男性
薬の効き目は確かに感じます。実際に仕事をしながらでも治療できてた気がします。けど、僕の体質が影響しているのか、薬の量を増やしたり減らしたりすると強い吐き気や嘔吐に襲われます。今は大丈夫と思われる量まで調節しましたが、果たして僕に合っているのか合っていないのかまだわかりません。

●30代女性
最初はあまり効果が得られず増量しました。ですが、それにより逆に平均体重を上回ってしまいました。きちんと効果が現れている証拠だとわかっているのですが、この年齢での体重増加は私にはきついです。それによって、逆に病んでしまいそう……。う~ん、こういった薬ってみんな同じようなものなのかな~って思いながら、様子を見て服用は続けています。

イフェクサーの効果による体験談(男性)

日記を書く手

●40代 あすなろさん
デパス→レクサプロを経て、現在はイフェクサーの効果によって症状が落ち着きました。デパスは万能薬と呼ばれている通り、即効性にも優れ効果抜群でした。しかし、段々と体がデパスに慣れたのか服用しても症状は治まらず、それどころか体が震えたり、薬が手元にないだけでイライラするようになりました。これはマズイと慌てて主治医に相談後、レクサプロに切り替えました。
最初レクサプロの効果は順調に思われましたが、しばらくするとデパスを服用してた頃と同じように体が震えるようになりました。再び主治医に相談するとレクサプロの副作用を発症している、そして、うつ状態が悪化してきているとのことでした。ちょうどその頃、仕事で大役を任されていた時期でした。そこで、当時日本では発売されて間もないイフェクサーの使用を推奨されました。

イフェクサーもレクサプロ同様にセロトニンの量を増やすと聞き、また同じような副作用の症状で悩まされるのかと思いました。けど、実際に飲んでみるとイフェクサーの方が体質にあっていたのか、飲み続けても心配だった震えの症状はありませんでした。それどこから、少しずつ霧がかかったモヤモヤが晴れ、うつ状態が回復傾向にあります。

しかし、イフェクサーの効果は抜群なのですが薬価がとても高いのが悩みのタネでもあります。イフェクサーは1錠約160円あたりです。おまけに、僕の自宅から一番近い病院までおよそ車で1時間半かかるうえに、他の病院と比べると診察代などが高い傾向にあります。そのため、1回の費用で全てコミコミで約5000~8000円の間を行ったり来たりしてました。でも効果はあるからぶっちゃけ手放したくはなかったため、色々と調べたらイフェクサー・ジェネリックに辿り着き1錠の値段も病院よりも安いので通販で購入しています。ジェネリックは効果が薄いんだろうな~と思っていましたが、飲んでみたら全くもって同じ力を得られたのでとてもうれしいです。自分の体質に合う薬を飲んで苦しい思いをしてたのが、今ではウソのように感じます。

イフェクサーの効果による体験談(女性)

本を読む女性

●20代 そらまるさん
高卒と同時に就職した会社がキッカケで、うつ病を発症しました。もう約2年ぐらい経ち、その期間ずっとイフェクサーを飲み続けています。運が良いのか悪いのかはわかりませんが、私が就職した会社はたまたま私以外は大卒者でした。なんでも今までは大卒者を採用してきたようで、高卒で採用したのは私が初めてという事でした。別にそんな事を聞かされても、最初の頃はただ仕事に慣れるに必死だったからスルーしてました。しかし、段々と仕事に慣れ始め色々と担当が増えた矢先でした。ある1人の先輩に仕事を頼まれ、きちんと提出日よりも余裕を持って先輩に渡しました。ところが提出日から約1週間過ぎたあたりから、その先輩に「あんた何でまだ1週間以上も前に頼まれた仕事終わってないの?」と言われました。私は何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。でも、ここからがイジメの始まりでした。

私が仕事のことでわからないことを先輩に聞いて教えてもらっても「これだから高卒者は……」と言われる日々が始まりました。私が高卒者だからと差別的な発言を様々な人に言われるようになり、仕事が苦痛になり体調を崩す事が増えました。でも、休むと余計に馬鹿にされるから熱があっても出勤しました。今思えばこれが私にとってのうつ病の初期症状だったのかもしれません。熱だけではなく、体のだるさ、特に運動もしてないのに体重が減る、何をしてても憂うつで何もかも投げ出したい気持ちでたまりませんでした。久々に休みがあった時に病院に行くと「うつ病」と診断されました。発症理由には心当たりがあったので、あまり驚かなかった記憶があります。

うつ病と診断されても生活があるから、簡単に仕事を辞める事はできないし、休職が認められる会社ではないことも分かっていたので、仕事をしながらでも治療ができるイフェクサーを選びました。イフェクサーの効果は私にはあっているようで、飲み始めてからだいぶ不安定な気持ちが安定してきました。副作用も特に気にするほどではありませんが、食欲が戻ってきたのもあり平均体重を超えないように抑えてるぐらいです。仕事をしながらでも治療ができるので、私としては同じような環境で悩んでいる方にオススメの薬だと思ってます。