うつ病の重症度について

うつ病の重症度について

一言で、うつ病、と表現しても軽症、中等症、重症と三段階に区別されています。その中の1つ、軽症うつは見極めが難しいの特徴で現代社会において、増加している傾向にあります。名前に「軽い」という漢字が表記されているからと、放置していい病気ではありません。早期発見であればあるほど、軽度の抗うつ効果を持つセディールセディールジェネリックなどを用いての治療が可能な病気です。

軽症うつとは

軽症うつとは

この病気の特徴としては、うつ症状の確認はされているが、学校、仕事、家事などを何とか支障をきたせずに送る事ができている状態です。本人は辛くて苦しい思いを抱えていますが、寝たきりで動けない、頭が働かない、様子がおかしいといった症状が、見た目からは判断できないため周囲の人たちは異変に気づく事ができません。たとえ、最近何か調子が悪い、と誰かに伝えても「そういう時は誰にだってある」「大変なのは君だけじゃない、みんなも一緒だ」といわれて軽く流されてしまうのが現状です。

また残念ながら、発症原因についても詳しくは解明されていないといいます。主に、現代社会に蔓延する人間関係や慣れない転勤先での生活、家庭環境で起きるトラブルなどで、誰にも相談せず自分ひとりで抱え込み葛藤を繰り返し、精神的に追い詰めた行動が引き金となっているのではないかと考えられています。

うつ病の薬の通販はコチラ

*リンク先にはジェネリック医薬品も含まれています。

重症度の目安

うつ病を診断する基準として、大項目、小項目の2つに分けられています。当てはまる症状の数と、日常生活や仕事などがどの程度できるかが診断の鍵を握ります。2週間以上症状が続き社会的・職業的に障害が発生している場合は診断される可能性があります。

診断基準
大項目
気分が落ち込む(抑うつ気分)
興味があるものへの喜びがない
疲れが停滞している、その影響でやる気が起きない
小項目
集中力と思考力の低下
何事にも無関心、何でも自分の責任だと強く思い込む
眠れない、または眠りすぎている(睡眠障害)
食欲が増す、減るの影響で1ヶ月で5kg以上の体重変化がある
死への思いが強く、自殺の計画を立てる

●軽症うつ…大項目2つ以上、小項目2つ以上
●中等症うつ…大項目2つ以上、小項目3つ以上(4つまでが望ましい)
●重症度うつ…大項目3つ、小項目4つ以上であり、いくつか重症に当てはまる場合

上記はあくまで目安となる症例であり、受診した医師の見解によっても左右されます。気になる点がありましたら、自己判断ではなく必ず受診します。

中等症うつ、重症うつの特徴

軽症うつは、先ほどご説明したように何とか日常生活を過ごせるレベルです。しかし、その状況が悪化していくと、中等症うつ、重症うつと判断され、少しずつ日常生活に悪影響を及ぼしていきます。


●中等症うつ
徐々に日常生活を送るのが困難となってきます。
例えば、起きるのが厳しくなり遅刻や欠勤が増える集中力が欠けて判断力が鈍くなりミスを連発するようになります。やがて、周囲の人々から「あの人、最近様子がおかしい」と気づき始め、症状が現れているのが周りからも見て取れます。
●重症うつ
ここまで来ると、ほとんど日常生活を送れません。
出勤時間、家事をする時間を迎えても、自分の思うように体を動かせなくなります。そして、自分ひとりだと食事もまともにとれなくなる、入浴や掃除ができない、人とのコミュニケーションが困難を極めます。
誰がどう見ても明らかに、様子がおかしいと気づく状況で、直ちに治療が必要な段階です。医師や看護師の管理のもとで、投薬治療を行うため、入院しないといけない状況かもしれません。

精神状態は高血圧や血糖値などとは違い、はっきりと数値化できません。辛さに対して「つらさ度は〇〇点」と計測できません。気持ちは主観的のため、その人にしかわかりません。総合的に判断するしかないため、必然的にあいまいさが出ます。
「ここからここまでが軽症、ここを少しでも超えたら重症です」と簡単に言い表せるものではありません。

軽症うつが増加している理由

「世界の全人口3%~5%がうつ病を発症している」と、WHO(世界保健機関)が発表し、割合の半分以上は軽症うつを患っているのではないかと推測されています。社会の高度化、多様化が活発的ではない発展途上国を含めての数字となっています。日本を含めた先進国に限って調査をすると、これ以上の大きい数字を記録すると考えられています。専門家によっては、うつ病といえば、軽症うつを指すといいます。

軽症うつは、どの年代でも見られており1980年代までは男性に多い傾向にありました。しかし、1990年頃からは、女性が男性を上回っている事がわかっています。原因としては、女性が社会進出の規模が広がる一方で、家庭の高齢化・核家族化が進み、女性にかかりやすくなったストレスが倍以上になったからではないかと考えられています。そのため、今後はどの状況においても発症しやすいのは女性だといいます。
また、真面目、几帳面、責任感が強く頑張り屋である人が比較的抱えやすいと、昔からの研究で明らかになっています。

軽症うつの問題点

軽症うつの問題点

表面上の症状の見極めが難しい点から、様々な問題が浮き彫りになっています
1つ目は、先ほども説明したとおり周囲の人が異変に気づきにくい点です。それ以外でも、本人自身がただの疲れが続いているだけ、調子も気分も優れないけど仕事などを休むほどではない、これだけで精神科や心療内科に行くほどではない、と自己判断で深刻に受け止めず放置する傾向が強いです。まさか、これだけの症状で病気に繋がるとは考えられないと思い込みの結果、気づいたら重症化してしまい治療が遅れてるといった問題です。その結果、仕事でのミスが増えてしまい、周囲からはやる気が無い、怠けている、たるんでいるなどとマイナス評価され、解雇処分され大きな傷を負ってしまう恐れもあります。

2つ目は、衝動的な行動に走りやすい点です。うつの人は自ら命を絶つ行動を選択する印象が強いと思います。5%~10%は自殺で亡くなったデータも存在します。しかし、自殺を選ぶ危険性が最も高いのは、軽症うつ、または治療を通して重い症状を乗り越えたあたりなのです。中等症、重症は症状が重いほどこのような選択をするのは極めて低いです。なぜならエネルギーは症状悪化と共に、だんだんエネルギーが低下していきます。たとえ死にたいと思っていも、気力と行動力すら無い状態だからです。他と比べエネルギーが残っている軽症うつは、少しでも死に対する思いが強くなると、すぐに自殺をする可能性が一番高いため、非常に注意深く様子を観察するの事が必要であり大切となってきます。

そして、何よりも難しいのがうつ病の診断です。他にも共通の症状が現れる自律神経失調症や、精神的な異変が目立たない変わりに、不眠や倦怠感、肩こり、食欲不振と身体的症状が特徴の仮面うつ病などの病気があります。これらは、専門としてる医師でも判断が非常に診断が難しい病気なのです。そのため、適切な診断がされていない、診断は適切であっても治療が不十分である可能性がある、といった問題も背景にあります。

治療方法

治療方法

軽症うつは正しい診断かつ適した治療を受ける事で、完治を目指せる病気です。目安としては、最低でも3ヶ月は治療に専念します。早い人は、約1ヶ月半~2ヶ月で完治できます。
治癒する確率は3ヶ月が50%、6ヶ月で80%で治癒しますが、残りの20%は約2年~7年の期間が症状に応じて必要となります。症状発現から約6ヶ月経過していたら、約3ヶ月間の治療は必須なのです。

薬物療法

従来は、幅広い精神疾患に利用できるということでデパスを用いた薬での薬物療法が主でした。しかし、効力が強いぶん依存性や離脱症状、軽い症状での使用の際に副作用が強く発現する時もあります。通販(個人輸入)でデパスを取り寄せる事も可能でしたが、これらを理由に一切通販での購入はできません。現在は、通販で購入できるデパスの代わりとなる薬が重宝され、治療の場で活躍します。たとえば、SNRIのイフェクサーやSSRIのパキシル等の抗うつ薬などは、機能が鈍くなったセロトニンとノルアドレナリンといった2つの神経機能を高め、症状の回復を目指します。症状に応じては、抗不安薬を併用します。
また、うつ病が原因で中途覚醒、早朝覚醒などの不眠症を併発した際は作用時間の長い睡眠薬を服用する事で改善を図ります。

これら薬は、単なる気休めではありません。病気の発症源に働きかけて治るよう計算されて製造されているため、決められた通りにきちんと薬を飲まなければなりません。状況に応じては、辛い気持ちがなくなっても約1年間は服用を続けないと、およそ80%の確率で再発するとも言われています。どの種類がこの症状に合うと推測されますが、個人差によって合う合わないが生じるので治療の過程で薬を変更する時もあります。

認知行動療法

自分の性格をコントロールするやり方を身に着け、ストレスを軽くしていく治療法です。
具体的に説明すると、まず自分が病気である自覚を持ちます。今まで人間関係や仕事につまづきクヨクヨ悩んでいたのは、全部病気のせいなのです。「自分の気持ちが弱いせいだから気力で治せねば」と考える人も時にはいます。ですが、この考えのもとで行動に移した結果、上手くできずにさらに気持ちが滅入るといった地獄を繰り返す羽目になります。うつ病は、脳の神経伝達物質が正常に機能していない事から起きる病気のため、気力云々で治す事はできません。気力で治してやる、これ以上にもっと頑張ると思わないのが大切です。

重大な決断は後回しにする

自分がうつ病だからと退学・退職・離婚など、人生を左右する大きな決断は治療が終了するまでは延期します。判断力や行動力が乏しい状態で決断してしまうと、完治後に激しい後悔に苛まれ再びどん底に落ちてしまった話も多かれ少なかれ存在します。重要な決断ほど、治療が終わってからにします。枯渇状態のエネルギー補給のため、薬を服用しつつも、しっかりと休息をとります。
休息をとる=自分は甘えている、周囲に迷惑をかけるという考えは捨ててください。この連想を持ったまま、仕事に取り掛かると能率が下がり失敗を重ねる事もありえます。効率よく物事をこなすためにも、自分の事を一番に優先して治療に専念します。細かい事は、完治してから考えるようにしましょう。

早期発見・早期治療

軽症うつは、うつ症状が確認されても何とか物事を支障なくこなします。辛い自覚が本人にあったとしても、周囲の人はなかなか異変を察知することができません。
ただの疲れ、放っておけばそのうち良くなる、と気づかぬ間に放置をしてしまうと、少しずつ日常生活に悪影響がでます。どの病気も症状が悪化していくと治療期間が延びるように、うつ病も発見が遅ければ遅いほど相当な時間を要します。そのため、きちんと自分の症状を認めて受診するなどして、早期発見に努め適切な治療を受ければ、重症化を防ぐ事が可能です。

薬に頼るのは好ましくない、と思われるかもしれません。ですが、時には病状に適した薬を服用するのが時には回復への近道となります。現在は、副作用の症状が発現が極力抑えられています。初めて薬物療法を選択する方でも安心して服用できるのもあります。デパスは個人輸入禁止ですが、それの代用品となる薬は通販で購入できます。一日でも早く辛い状況から脱出できるよう導きます。

うつ病の薬の通販はコチラ

*リンク先にはジェネリック医薬品も含まれています。

治療薬一覧はこちら