デパスの詳細

デパスの詳細

デパスとはベンゾジアゼピン系に分類され1984年に日本で製造、発売されました。抗不安薬として幅広く利用されている精神安定剤です。
マイルドに効き、不安、緊張感をやわらげ、気持ちを落ち着かせます。神経症、睡眠障害、肩こり、うつ病にも効果があり、他にもパニック障害やその他、不安障害を中心に、自律神経失調症の人にも処方される医薬品です。デパスは2016年10月に個人輸入禁止になりました。そこで、デパスの代わりとなり通販でも購入できる薬などをご紹介していきます。

デパスの詳細はこちら

デパスの代わりになる薬

ルネスタ

ルネスタ

非ベンゾジアゼピン系の有名なアモバンを改良した睡眠薬となります。アモバン特有の苦味がなくなり飲みやすく改良されました。副作用も少なくとても安全性の高い薬です。

ルネスタの詳細はこちら

ルネスタのご購入はこちら

※リンク先はルネスタジェネリックです。

ソナタ

ソナタ

ザレプロンを主成分とし、BZD受容体へと結合する事で効果を発揮します。脳の神経に対して働いているGABAを増やす事で、興奮や緊張、不安を抑え、抗不安薬としても使用でき、また睡眠導入剤としても睡眠の質を上げる効果があります。

ソナタの詳細はこちら

ソナタのご購入はこちら

※リンク先はソナタジェネリックです。

バスパー

バスパー

脳内伝達物質のセロトニンに働き、不安、うつ病、不眠症の改善もできます。また他にドーパミン、ノルアドレナリンなどの動きを高め不安、緊張などを抑える事もできます。うつ病、不安障害に悩んでる方に非常に適した薬となっています。

バスパーの詳細はこちら

バスパーのご購入はこちら

※リンク先はバスパージェネリックです。

イフェクサー

イフェクサー

2015年に発売されたとても新しい抗うつ剤です。海外では代表的な抗うつ剤として幅広く用いられています。主にうつ病に効果があり、第三世代(SSRI)を改善、新しい第四世代の抗うつ剤です。

イフェクサーの詳細はこちら

イフェクサーのご購入はこちら

※リンク先はイフェクサージェネリックです。

バスピン

バスピン

非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬で不安障害の治療に主に使用されます。有効成分はブスピロンでセロトニン濃度を高めてくれます。不安、うつ、不眠の3つをバスピン1錠で改善できる万能薬としても知られています。取り留めの無い不安で感情を制御できない人にはバスピンはとても適した薬となっております。

バスピンの詳細はこちら

バスピンのご購入はこちら

セディール

セディール

主成分のタンドスピロンは脳内にあるセロトニンの受容体に作用し不安を抑えます。また抗うつ作用もありうつにも効果を示します。そしてセディールは「耐性」がつきにくい薬としても有名です。

セディールの詳細はこちら

セディールのご購入はこちら

これらはデパスの代替として使用できる薬です。通販で自宅にいながら購入する事ができます。

デパス(エチゾラム)の効果

デパスの効果

デパス抗不安薬の中でも特に不安を和らげる事に秀でた薬です。特に筋肉を解す筋弛緩作用と抗不安作用に至っては強い効果があります。固まった筋肉を解しつつ、不安解消に役立ち、心身共にリラックスできるとして、多くの患者に高い人気を誇っています。ただ、効果がある分、依存などには注意をしないといけません。デパスはベンゾジアゼピン系と呼ばれるタイプのお薬で、特徴として4つの作用を持っています。


・強めの抗不安作用(不安を和らげる)
・強めの筋弛緩作用(筋肉を解す)
・やや強めの催眠作用(眠りを誘う)
・弱い抗けいれん作用(けいれんを抑える)

※効果の強さはあくまでも目安です。(個人差があるため)各症状に合わせて使い分ける事が可能です。

デパスの薬効成分は、エチゾラムです。脳内伝達物質のGABAを活発化させることで、抗不安作用や筋弛緩作用などを発揮します。GABAは脳内伝達物質と呼ばれてる通り、脳の中で情報の受け渡しに関係しており、活動を少し抑えることにより、全身と心をリラックスへと導きます。GABAを活性化させるには、まずエチゾラムがベンゾジアゼピン受容体に働きかけます。こうすることで、GABAはGABA受容体と結合しやすくなり、脳の活動が抑制され不安や緊張の緩和に繋がるのです。さらに説明を付け加えると、ベンゾジアゼピン受容体はω1とω2があります。(※ω=オメガと読む)ω1受容体に働きかけると催眠作用と抗けいれん作用、ω2受容体は抗不安作用と筋弛緩作用が得られる仕組みとなっています。

また、肩こりやめまいにもその効力が発現します。人は緊張を抱えていると、無意識のうちに肩や首筋に力が入ります。その時、交感神経系が優位に働き筋肉が緊張します。先程も説明したように、固まった筋肉を解す役割があるため、肩こりや首こりの解消にも役立ちます。心配事やストレスは自律神経の乱れに繋がりめまいを発症、また肩こりや首コリで神経が圧迫されるとめまいが起きます。自律神経の乱れで発症するめまいの特徴としては、ふわふわと雲の上を歩いている感覚がすると言われています。同時に、不安や緊張が押し寄せる場合はデパスが有効的です。

効果や特徴を踏まえた上で、デパスのメリットとデメリットを上げていきます。デメリットに関しては、副作用で詳しくご紹介するため、簡単にまとめています。

メリット

メリット

強い抗不安作用でしっかりと効果が出るので不安をしっかりと改善させてくれる
・筋弛緩作用が強いので、身体をリラックスさせたり緊張からくる肩こりなどにも効果的です。
・睡眠作用もあるので、眠りやすくしてくれます。

不安感と緊張感がずっと強いままだと、何事にも身が入らない状態が続き、頻繁に失敗を繰り返す恐れがあります。これだと症状が悪化するのが目に見えています。即効性に優れているため、悪循環を止める役割に期待ができます。催眠作用も強いので、不安や緊張が原因で、寝つけない入眠障害や、途中で目が覚める中途覚醒を発症した方には、睡眠薬としても処方されます。

デメリット

・抗不安効果が強いが、その分、半減期が短いので依存しやすくなります。
・筋弛緩作用・催眠作用からふらつき、眠気など出たりします。

デパスの副作用

副作用も少ない薬としても有名です。以下が報告されている副作用となります。


・眠気
・ふらつき
・頭が重い
・焦燥感

副作用の出方には個人差はあります。もし、副作用を強く感じる場合があれば服用を直ちに止め、医師、または薬剤師に相談するようにしましょう。

ベンゾジアゼピン系の特徴は安全性が高いことから、重い副作用はほとんどありません。比較的多いとされているのが、上記で説明した症状です。特に眠気に関しては、薬の服用後、急に眠気が強く現れるため車や自転車などの運転、危険が伴う細かい機械作業などは控えてください。また、ふらつきによる転倒が考えられるため、高齢者の方は少量から服用開始するよう調節する必要があります。

安全性が高い、重い副作用はほとんどない、と言いましたが油断は禁物です。デパスが個人輸入禁止となった背景には、依存性の問題があります。即効性があり、薬を飲めば症状が治まることから、自己判断で服用量を多めにし薬に頼るようになります。そして、その行動を止めようと急に服用を中止すると、今度は薬をやめたことによるイライラや不安感、体の震え、混乱などの離脱症状を発症させる危険性が隠れています。また、長期に渡る使用は体が薬効成分に慣れてしまい、効き目が得られにくくなる可能性もあります。

デパスの半減期

デパスの半減期

半減期とは、「薬の全体量が半分になるまでの時間」の事を言います。それでは半減期が2時間の薬があるとします。この薬は服用した後、2時間経てば体の中の薬物が半分に減ります。半減期が短いという事は、薬がすばやく代謝、排泄される事を意味します。そのために薬の効き目は短くなるという事です。逆に半減期が長ければ薬は長時間体内に留まることになり、長時間に渡り薬が作用するという事です。
デパスは最高血中濃度に達するまで3時間、半減期が6時間と半減期が短い薬として知られています。服用して約20分~約30分の間で効果が現れ、持続時間は4時間~6時間です。人により効果が短い方が良いなどとそれぞれの意見があります。

抗不安薬を半減期で分けると3種類に分ける事ができます。


・半減期が短い・・半減期~6時間
・半減期が普通・・半減期~6~24時間
・半減期が長い・・半減期~24時間~

大体の目安として半減期=薬の作用時間という事ですが、成分が代謝されるスピードは個人差があるため半減期はあくまでも目安として考えておきましょう。

半減期が短いので1日を通して不安を抑えたいという方には、1日3回、食事後に服用すれば1日を通して不安を改善する事ができます。最大3mgまで使用でき、即効性を期待して頓服する場合は0.25mg、0.5mg、1mgが効果的な量です。半減期を知っていればあくまでも目安としてですが服用するタイミングを計ることができます。

エチラーム(デパスのジェネリック)

エチラーム(デパスのジェネリック)

デパスのジェネリックでエチラームがあります。主成分はデパスと同じエチゾラムで、含有量も同じでデパスと同等の効果を得る事ができます。副作用は、脱力感やふらつき等がありますが症状は軽いです。依存性は極稀に見られますが、デパスのように強く出ることはありません。そのため、先発薬であるデパスよりも副作用が少ない特徴があります。ジェネリック医薬品は先発薬よりも開発費が抑えられているため、薬価も約2割~約5割の価格設定ができます。デパスが1錠(1.0mg)13円なのに対し、エチラーム(1.0mg)は約6円~9円となっています。ですが、エチラームもデパスと同じように個人輸入が禁止となりました。

 

デパスに代わるお勧めの睡眠薬・抗うつ剤